HOME>オススメ情報>薄毛の主な原因と薄毛を引き起こす生活習慣

薄毛になる主な原因

薄毛の原因は、血液循環の不良、男性ホルモン、皮脂の過剰分泌、頭皮の血行不良の4つが主な原因だとされています。

薄毛になりやすい人の習慣

脂っこいものを好んで食べる

脂っこいものを食べ過ぎると皮脂の分泌が活発になり、薄毛を促してしまいます。

十分な睡眠をとらない

髪の成長を促すホルモンは眠っている間に分泌されるので、睡眠が十分でないと毛が育ちません。

1日に2回以上シャンプーをする

頭皮を清潔に保つためにシャンプーをしすぎるのは、頭皮の乾燥を促し薄毛につながります。

アルコールの飲みすぎ

少量のアルコールは血行を促進させますが、日常的な飲酒は肝臓に負担をかけ発毛力を阻害します。

タバコを吸う習慣がある

タバコにはニコチンなど有害物質が含まれており、頭皮の血行不良を起こし薄毛の原因となります。

進行させないためにはどうするべきか

薄毛対策 薄毛かもしれないと考え始めたらずるずると悩んでどうしようもなくなってきますが、進行させないためには原因を知ることが大切です。個人の生活習慣が大きく影響してきますので、一つずつ原因はどこにあるのか考えていくことがポイントになります。まず髪の毛を作るのにも栄養が必要となるので、食生活の見直しは必須です。毎日の習慣であるシャンプーが上手くできていないこともあれば、ストレスの溜めすぎなど、複雑に原因が絡み合って薄毛を進行させるのだと理解しておきましょう。

理由が分かれば対策もしやすい

男性 薄毛の原因もいろいろで、他にも喫煙やストレス、暴飲暴食に家族からの遺伝などが挙げられます。遺伝も可能性の一つなので、家族や親類縁者に薄毛の人がいるかどうかを調べておくのは悪いことではありません。喫煙しているのであれば本数を減らしたり、頑張って減らすことで体調を良くして髪の毛を増やすための一歩を踏み出せます。食事も栄養バランスが良く適量を食べることが大切なので、間食のしすぎなどをしていないかもチェックしてみて下さい。ストレスは忙しい現代人には切っても切れない所がありますが、男性ホルモンの分泌を促したりしてしまって毛が抜けやすくなることもあります。ストレス解消も行いつつ、シャンプーも手順を見直して対策をしていきましょう。

広告募集中